JGAPの導入支援について

関連サイト紹介

日本農業システム
農業資材の品ぞろえ日本最大級通販サイト。ゴルフ場農薬の取扱を始めました。
NPO法人農業支援センター
新規就農支援や農業をビジネスのスタートをサポート
ユニオンファーム
新規就農者育成によるフランチャイズ農場の展開および運営
いばらき農流研
大型農家の集団を組織し、需要家の方向けに安定した農産物の供給
コンパカレール
経済的で大量散布にも最適!!難雑草も枯らす!!

JGAPの導入支援についてご紹介します

JGAPの導入支援 についてご紹介します

JGAP(農業生産工程管理)は
「安全・安心な農産物の証」「信頼できる農場の目印」

当社では、関連企業のNPO法人農業支援センターにて、JGAP上級審査員1名・JGAP審査員1名・JGAP審査員補1名・多数のJGAP指導員を配置して、皆様のご要望にお応えする準備を整えています。

JGAPとは

JGAPは、農産物流通に関わる人々が認める基準の一つです。JGAPの導入実践により、農場で生産される農産物の安全・安心を実現し、認証取得によりその事実を客観的なものにすることができます。

最近では、団体の管理基準としての導入も急速な広がりを見せています。JGAP認証取得により、農家は、販路開拓の幅を広げることができるでしょう。当社では、店頭相談や訪問指導、団体事務局支援や内部監査の受託など、JGAP認証取得のあらゆる支援をNPO法人農業支援センターにて行っています。

農産物の安全、環境への配慮、農場経営販売管理、生産者の安全と福祉
JGAPは「安全な農産物を作るための基準」
JGAPは、120を超える農場のチェック項目が定められており、農薬の管理、肥料の管理など明確に基準が定められている、農林水産業が導入を支援する農業生産工程管理手法の一つです。
JGAP取得農場は認証マークを使用できます
JGAP認証取得により、「この農場で生産された農産物は安全・安心です」と客観的な指標にできることはもちろん、大手流通業者の間では、'標準装備'として求める動きが広がっています。また、最近では、団体の管理基準としての導入も進んでいます。

取得までの流れ

  • 団体認証の場合
  • JGAP審査申し込み
  • JGAP承認取得

団体認証の場合

団体認証とは・・・

●JGAPに準拠した共通のルールがあり、
 その集まりの管理を担うことができる事務局が存在している組織

●団体認証では、個別農場審査のほかに事務局審査が行われる

JGAP認証農場の農産物を欲している新規取引先との商談では、出荷量がポイントになります。
証取得後の有利販売などの活動を効果的に行うためにも、仲間との小集団単位での取り組みや、経営規模拡大を視野に入れた管理体制強化のために、生産団体等、組織やグループでのJGAP認証に取り組むことをおすすめしています。